オリゴ糖とは

よく、オリゴ糖が健康にいいと言われますが、実際どのような効果があるのかはわからないという人も多いのではないでしょうか?

このオリゴ糖は糖類の一種ですが、その糖類の最小単位である「単糖」が複数個結合したものです。

オリゴ糖の中にも様々な種類があり、単糖が2つ結合した麦芽糖や蔗糖などの二糖類、また、3つ結合した三糖類などもあります。

このオリゴ糖は善玉菌の栄養素となるということが最大の特徴です。
腸内の細菌のバランスを保ち、そして悪玉菌に負けない強い腸を作ってくれるように腸内環境を正常化してくれるのがこれらの腸内細菌ですが、その代表的なものはビフィズス菌やアシドフィルス菌などの善玉菌です。
オリゴ糖はこの善玉菌に対して栄養素として働いてくれるのです。

そのため、腸内環境の維持に最適なのがこのオリゴ糖です。
そしてもうひとつの特徴が胃や小腸でも消化されないということです。
これらの器官の消化液、また消化酵素などによって消化吸収されず、大腸にまで届いてくれるため、ビフィズス菌のエサとなることができるのです。

オリゴ糖は体内で消化吸収されないので、血糖値も上がりにくく、そういった意味でも健康に良い糖質ですが、しかし、多く摂り過ぎるとお腹がゆるくなることもあるので注意をするようにしてください。

また、実はオリゴ糖が含まれている製品には体内で消化吸収できるぶどう糖などといった糖分が含まれていることも多く、これらを取りすぎてしまう危険もありますので注意するようにしましょう。

Copyright © 2014 オリゴ糖の効果 All Rights Reserved.